リンク

Li ⇔ マルニ株式会社

Li ⇔







【 パンクについて 】

≪ パンク修理に関しての、注意と参考です ≫


◎ チューブ・タイヤ・リムの状態が正常でない場合は、交換をお勧めしています、交換なさらずにパンク修理した場合、すぐにパンクしても保障は致しません。


◎ チューブに穴が2〜3箇所以上ある場合、チューブ交換になります。


◎ パンクの穴が、バルブの近くにある場合、パンク修理が出来ませんので、チューブ交換になります。


◎ チューブに、パンク修理剤が入っている場合、チューブ交換になります。※これは、ベトベトのパンク修理剤があちこちから出て来て、修理の妨げになるからです。


◎ 空気が少ない状態や、パンクしたまま走行した場合、タイヤのサイド部分に当たっているチューブが削られてパンクしてしまいます。チューブの削られ具合・タイヤの割れ具合によって、チューブ交換やタイヤ交換になります。


◎ MTBなどの、オープンタイヤ(サイドのゴムが無い)で、サイドが痛んでいる場合、パンク修理されても、再度パンクする可能性が高いので、タイヤ・チューブ交換をお勧め致します。


※ パンク修理は、タイヤ・チューブの交換時期が来るまでの、応急処置です。又、一度でも修理したチューブは、タイヤを内側から傷めていきます。